2018.9.26 門司港レトロ

近場で観光を楽しむ

新門司港からのアクセス抜群

新門司港から気軽に行けるオススメ観光スポットをご紹介します。公共交通でのアクセスも容易で、現地0泊・船内2泊の時間が限られた旅でも十分にまわれます。


門司港(北九州市)

2018.12.2 門司港レトロ

関門海峡エリアの北九州側である門司港地区。レトロに絶景にと“映える”スポットばかりです。新門司港からのアクセスも便利です。

和布刈公園

2019.1.20 和布刈公園第二展望台

門司港の絶景スポット、和布刈(めかり)公園第二展望台。門司港レトロ、関門海峡、関門橋、そして下関方面の景色を見渡すことができます。

ブルーウィングもじ

2019.1.20 ブルーウィングもじ

歩行者用として日本一の大きさを誇る跳ね橋「ブルーウィングもじ」はカップルに大人気で「恋人の聖地」にも選ばれています。橋の上では海の風に吹かれながら門司港レトロ中心部や関門海峡、関門橋を見渡すことができます。

九州鉄道記念館

2019.1.20 九州鉄道記念館

九州鉄道記念館は、九州の鉄道に関して実物の保存車両や展示物を通して学ぶことに加え、ミニ鉄道や鉄道模型、運転シミュレーターで運転体験ができ、子供から大人まで幅広い年齢層が楽しむことができる施設です。


唐戸(下関市)

2016.1.16 唐戸

関門海峡エリアの下関側である唐戸地区。門司港レトロ地区から連絡船で5分です。

唐戸市場

2018.1.27 唐戸市場

唐戸市場では毎週金・土・日曜日及び祝日に「活きいき馬関街」が開催されています。その日に獲れた新鮮な魚が握りやどんぶりになって市場に並びます。活気ある市場で漁師さんからオススメを聞くことも。ここで名物「フグ」を味わうのもおすすめ。

みもすそ川公園

2018.1.27 壇ノ浦砲台跡

関門海峡の景色を楽しみつつ、幕末期の大砲「長州砲」(複製)や砲台跡、壇ノ浦での最後の源平合戦にちなんだ源義経・平知盛の像などを通して歴史を感じることができます。

海響館

2018.1.28 海響館

海響館(下関市立しものせき水族館)にはさまざまなフグが展示されていて、フグが有名な下関ならでは。館内にはイルカを見ながら食事ができる「イルカの見えるレストラン」もあり、イルカに癒されながらの食事を楽しむことができます。レストランは海響館に入場しなくても利用できます。


小倉(北九州市)

2018.12.2 平尾台

新門司港から無料送迎バスで直接行ける小倉。

平尾台

2018.12.2 平尾台

たくさんの白い石灰岩が並ぶカルスト台地を歩きながら、自然の雄大さを体感できます。

魚町銀天街

2018.12.2 魚町銀天街

北九州の元気な商店街、魚町銀天街。人気のカフェやスイーツ店があり女子旅におすすめ。小倉駅から新門司港への送迎バスの発車時間前に時間が余ったらこちらへ足を運ぶというのもよいかもしれません。

旦過市場

2018.12.2 旦過市場

昭和レトロな雰囲気が漂う旦過市場。白ご飯を持って各店舗で具材を買い回る「大學丼」が人気です。