2019.1.20 和布刈公園第二展望台

門司港でレトロ旅

船内2泊現地0泊お気軽門司港散策プラン

寝泊まりできるフェリーを生かし、船内2泊・現地0泊でお気軽に門司港エリアを散策するプランです。現地0泊と言っても寝泊まりできるフェリーの旅では、船内で1泊して現地に朝到着してから夜にまたフェリーに乗るまで、丸一日の時間があります。新門司港からアクセスしやすい門司港エリアでの散策は、現地での時間を最も有効に生かすことができます。

  1. 船旅(大阪南港→新門司港)
  2. 門司港駅
  3. 九州鉄道記念館
  4. 電気通信レトロ館
  5. ブルーウィングもじ
  6. 旧大阪商船
  7. 焼きカレー
  8. 和布刈公園第二展望台
  9. ノーフォーク広場
  10. 海峡プラザ
  11. 船旅(新門司港→大阪南港)

〜1日目〜

大阪南港からの船旅

2019.1.19 大阪南港フェリーターミナル

今回は大阪での予定が終わってからでも間に合う19:50発の2便を利用。12時間40分の北九州への船旅が始まります。

2019.1.19 フェリーおおさかⅡ

「ファーストB」で“宿泊”!。ベッド2台と敷き布団が1組の2〜3名部屋です。寝相の悪い人は敷き布団での就寝をおすすめします(笑)。

2019.1.19 フェリーおおさかⅡ

部屋に荷物を置いたら出港前から営業が始まっているレストランへ。これからの旅に備え腹ごしらえ。バイキングは種類豊富。色のバランスを考えながら可愛く見える盛り付けをするのがバイキングの醍醐味です。

2019.1.19 フェリーおおさかⅡ

夕食を済ませたら展望デッキへ。たくさんの人が明石海峡大橋を見ようとスタンバイしています。そのたくさんの人たちと橋の下を通る瞬間を迎え、一緒に盛り上がります。

2019.1.19 フェリーおおさかⅡ

一段落ついたらラウンジに集合。語り合う女子たちに最適な空間です。たくさん話した後は部屋へ戻って就寝。


〜2日目〜

新門司港到着

2018.9.25 フェリーきたきゅうしゅうⅡ

フェリーの旅は楽しいことが盛りだくさんで、あっという間に新門司港に到着です。さあ、北九州での旅の始まりです!

2019.1.20 門司駅

新門司港からJR門司駅経由JR小倉駅行きの無料送迎バスを利用します。門司港レトロへはJR門司駅でバスを下車し、JRに乗り換えて門司港駅へ向かいます。

門司港駅

2019.1.20 門司港駅

レトロ旅の始まりはJR門司港駅での記念撮影から。

九州鉄道記念館

2019.1.20 九州鉄道記念館

門司港駅から歩いてすぐの九州鉄道記念館は、九州の鉄道に関して実物の保存車両や展示物を通して学ぶことに加え、ミニ鉄道や鉄道模型、運転シミュレーターで運転体験ができ、子供から大人まで幅広い年齢層が楽しむことができる施設です。

電気通信レトロ館

2019.1.20 電気通信レトロ館

昔からの電話機器や通信機器が展示されている電気通信レトロ館。電話やモールス信号の体験もできます。

ブルーウィングもじ

2019.1.20 ブルーウィングもじ

歩行者用として日本一の大きさを誇る跳ね橋「ブルーウィングもじ」はカップルに大人気で「恋人の聖地」にも選ばれています。橋の上では海の風に吹かれながら門司港レトロ中心部や関門海峡、関門橋を見渡すことができ、カップルでなくても門司港レトロ散策のコースに必ず入れて欲しいです。

旧大阪商船

2019.1.20 旧大阪商船

門司港レトロには歴史的な建物がたくさんあり、レトロな雰囲気を醸し出しています。街を歩くだけでタイムスリップしたような感覚を味わうことができます。その代表的な建物が旧大阪商船です。

焼きカレー

2019.1.20 キッチンポレポレ

ランチは門司港の名物「焼きカレー」。カレーとチーズの組み合わせが絶品。次に門司港を訪れても必ず食べたい味です。今回は「キッチンポレポレ」で焼きカレーを食べました。写真は「ポレポレ本格焼きカレー」ですが、海鮮が入った「シーフード入り本格焼きカレー」も美味しかったです。

和布刈公園第二展望台

2019.1.20 和布刈公園第二展望台

門司港の絶景スポット、和布刈(めかり)公園第二展望台。門司港レトロ、関門海峡、関門橋、そして下関方面の景色を見渡すことができます。

ノーフォーク広場

2019.1.20 ノーフォーク広場

関門橋を下から眺められる「ノーフォーク広場」。目の前に広がる関門海峡から海の風を受ける、とても気持ちの良いスポットです。

海峡プラザ

2019.1.20 海峡プラザ

おみやげ店や雑貨店、飲食店など多くのお店がある「海峡プラザ」にはたくさんの種類のおみやげが揃っています。

新門司港からの船旅

2018.9.26 フェリーふくおかⅡ

今回は翌日の朝からの予定に間に合うよう、大阪に早朝に着く1便を利用します。現地での時間確保を優先するなら出発が遅い2便を利用します。

2019.1.20 フェリーふくおかⅡ

出港後の展望デッキからの眺める海と空。時間を忘れてゆっくり眺められます。でも冬のデッキはとても寒いので防寒具を忘れないように…。

2019.1.20 フェリーふくおかⅡ

帰りのお部屋は「ファースト洋」。少し詰め込んだスケジュールで疲れているはずが、2段ベッドではしゃいでしまい、おしゃべりに夢中。

2019.1.20 フェリーふくおかⅡ

バイキング形式のレストランでの夕食。時期によっては季節限定メニューもあります。北九州での旅の思い出を語り合いながらお腹いっぱいに。

2019.1.20 フェリーふくおかⅡ

夕食と入浴を終えた後は「展望ストリート」で過ごします。


〜3日目〜

大阪南港到着

2019.1.21 フェリーふくおかⅡ

1便の場合、大阪南港には5:30に到着します。冬だとまだ真っ暗です。

2019.1.20 フェリーふくおかⅡ

1便は到着が早いため、到着後も船内で過ごせる「のんびり滞在」というサービスがあります(2019年2月現在)。下船時間を6:30と7:15から選び、予定に合わせてゆっくり過ごすことができます。レストランやシャワールームも利用できます。なお新門司港出港後、所定の時間に手続きを行う必要がありますのでご注意を。

2019.1.20 フェリーふくおかⅡ

ゆっくり身支度ができるのもフェリーならでは。お部屋の洗面台が混めば化粧室も使えます。

2019.1.20 フェリーふくおかⅡ

フェリーならではのゆったりとした時間を過ごし終え、下船します。

  • このページの内容は2019年1月に取材した内容をもとにしています。但し一部において別の取材日の内容をもとにしている場合もあります。
  • このウェブサイトは教育・研究活動の一環として運営するものであり、営利を目的とするものではありません。
  • ウェブサイトの運営にあたり正確な掲載内容になるよう努めておりますが、サイトを運営する阪南大学国際観光学部大谷研究室やそれを支援する株式会社名門大洋フェリーは掲載内容の正確性・完全性・合法性等について一切保証せず、その責任を負いません。フェリーや観光に関する情報はそれぞれの窓口や公式サイト等でご確認ください。